妊娠中のセックスについて

妊娠中であってもパートナーと愛のコミュニケーションをとりたいものです。妊娠したら絶対ダメということはありません。
ただし、妊娠初期や安定期前、出産予定日間近は避けましょう。
初期や安定期前は流産のリスクが高く、予定日間近は体の負担が大きいです。体調が良好で検診で特に問題がないのであれば大丈夫でしょう。

 

無理せずゆっくりお互いを感じ合うことは愛を育むために大切な時間です。赤ちゃんが欲しければ、基礎体温をまずしっかり測り、生理周期を自分で確かめる事が必要です。
排卵のタイミングに合わせて夫婦生活を行うことで、より妊娠しやすい環境になります。

 

しばらく実践しても授からない場合には、ご主人とよく話し合った上で、妊娠可能な体でお互いあるのか、赤ちゃんができない原因となるものはないか。

 

そのことを専門クリニックなどでしっかりと調べて貰うことが解決策の一つですね。

 

妊婦さんは眠くなりやすく、気がつくと昼寝ばかりなんてこともありますが、たっぷりとある時間を使って、手のかかる保存食や漬物などを作ってみましょう。妊婦さんは血圧も上がりやすいので、予防効果のある野菜を多めにとってください。放置したまま忘れていた本を読んだり、水回りの気になる汚れを徹底的に落としたり、いつもは忙しくて出来なかった掃除や調理で体を動かせば、体重増加も防げて一石二鳥です。

 

女性には膣や子宮に雑菌の侵入を防ぐための自浄作用があります。
しかし、妊娠中はホルモンバランスの変化や日頃のストレスの影響で自浄作用にも支障をきたすようになります。

 

また、つわりがひどいと体力の低下や免疫力も低下してしまいます。こうして身体が弱ったところでカンジダ感染症にかかりやすい時期でもあります。

 

また、出産時に膣カンジダに感染していると、子供にも感染のリスクがあります。

 

妊娠するということは一種の奇跡だと思います。
赤ちゃんを授かったことはとてもうれしいことですよね。

 

 

妊婦健診では超音波による検査をしますよね。

 

赤ちゃんがちゃんと大きくなっているかを調べるものですが、男の子か、女の子かも分かりますよね。

 

赤ちゃんの性別が気になるというかたは多いと思います。
もし期待していた方の性別ではなくても残念に思うことはありません。産まれてくる子は間違いなく世界一可愛い子です。奥さんが第一子を妊娠して、多くの旦那さんはどのようにサポートすれば良いかわからないと思います。まずは奥さんと一緒にいる時間を増やしましょう。

 

 

 

初めてのことばかりで不安な奥さんを安心させてあげましょう。

 

 

妊婦健診は産院まで一緒について行ってみましょう。

 

少しずつ父親になる実感が湧いてくるものです。ただし、産院は基本的に女性優先、席は女性に譲り、旦那さんは隅の方で待ちましょう。

 

ママの妊娠でパパも苦労されると思いますが、ここは妊娠中の方を最優先にして下さい。

 

 

 

妊娠中は、まず妊婦さん本人がストレスをためないことがおなかの赤ちゃんにとっても良いことなのではないでしょうか。
初産は特に未経験の身体の変化や生活環境に驚くことも多く、自覚しなくてもストレスはたまっていくと思います。そんななかで十分な栄養を摂ることや赤ちゃんのためにと健康に気を配る気持ちは分かりますが、過剰に普段の生活や食事を我慢することは逆に精神衛生上いいことは無いと思います。何より穏やかな心で過ごせるのが大切だと思います。
妊娠するとママ自身は元気だと思っていると、予想以上に疲れやすくなった体に驚くかもしれません。
私が妊婦のとき特に問題がなかったため、つわりも落ち着いて安定してきた妊娠中期からは旅行へ出かけることも多々ありましたが、妊娠前とは違いました。

 

 

妊娠前と同じように歩き続けているとお腹が張ってしまうため、適度な休憩を入れながら普段よりゆったりとした時間の中で過ごすようにしました。また、旅行の事を医師に相談すると日帰りではなく宿泊するようにと指導されました。
妊娠中に心掛けたい事は、食べ物や栄養バランスを見つめ直すことです。自分で栄養を摂取することができない赤ちゃんはお母さんからもらうことから、母親がとるものは気をつけなければなりません。
カフェインは絶対にダメです。コーヒー、ウーロン茶、紅茶などは控えお酒やタバコも控えることです。
また、カップラーメンなどのようなインスタントは塩分が高めなので控えてください。

 

体に優しい家庭的なものを摂取することが大事です。

 

フルーツなどビタミンが多い食べ物もいいですよ。
妊娠している間はとにかく肥えやすくなります。先日、夫婦水入らずで旅行に行き、めいいっぱい楽しみ、美味しいものも大量に食べました。

 

 

 

旅行から戻ると、出発前より3キロも増えていました。
たった2日で3キロも太ったのは生まれて初めてでした。妊娠する前は多少食べ過ぎても翌日少し抑えたらすぐに体重が戻りましたが、妊娠している間は違いました。食事を摂らなくても痩せないのです。栄養を取りつつ体重を維持するのは大変ですが、可愛い赤ちゃんの為にはここが頑張りどころです。

関連ページ

妊娠のしくみ
妊娠のしくみ
つわりが酷くて退職
つわりが酷くて退職
赤ちゃんの性別を早く知っておきたい
赤ちゃんの性別を早く知っておきたい
妊娠中は、とても疲れやすくなっています
妊娠中は、とても疲れやすくなっています