妊娠のしくみ

妊娠期間中はホルモンバランスが変化するため、精神が不安定になりがちで、日頃よりリラックスできるよう工夫することが重要です。
けれど、運動から食事まで、この頃のお母さんにとって気を付けなければならない点が多く、結構大変ですよね。
そんな時は、クラシック音楽に触れてみたり、読書に挑戦してみてはいかがでしょう。ママが教養をつけることは産まれてくる赤ちゃんへの教育の第一歩になります。肩肘張らずにトライしてみませんか。

 

 

 

妊娠のしくみを学ぶと妊娠するということが奇跡の領域にあるということが理解できます。妊娠が可能な期間は実は排卵からたった24時間と短いのです。

 

多くの女性は月経で周期を算出しがちですが、赤ちゃんを望むのであれば重要視すべきなのは排卵日がいつなのかということです。月経があっても排卵のない状態では妊娠は出来ません。子供を欲しいと考えるなら、まずは自分の排卵周期を知ることから始めましょう。

 

 

妊娠中はホルモンに変化が起こるため気持ちが不安定になりやすくなり、日頃よりリラックスできるよう工夫することが重要です。
ですが、運動するにしても食事にしても、妊婦さんにとって気を配るべきことが多く、それだけで大変ですよね。

 

思いきって、文学作品の鑑賞や本を読んでみてはいかがでしょう。
この期間に教養を付けておけば赤ちゃんにいずれ教育をしていくための準備になります。あまり力まず、挑戦してみてはいかがでしょう。
妊娠中におへそが外に出てしまいそうした女性の多くが不安を覚えています。
お腹が大きくなってくるとお腹の皮膚も風船のように伸ばされるため、どうしてもおへその穴が浅くなり、おへそが出てくるというわけです。

 

そのためお腹の皮膚が引っ張られ、母体の腹部を押し出すため、おへそも外に出てくるようになってしまうのも当然というわけです。妊娠するということは一種の奇跡だと思います。子供ができるということは本当に嬉しいことですよね。
妊婦さんの検診ではエコーを使った検査をしますよね。
赤ちゃんが順調に育っているかを診るものですが、男の子か、女の子かも分かりますよね。赤ちゃんがどちらの性別か気になる人も多いと思います。

 

 

仮に希望していた性別ではなくてもがっかりしないで下さいね。
我が子に対面すると世界一可愛いと感じられます。妊娠線を作らないようにするポイントは体重が増えすぎないようにする他に妊娠線を防ぐクリームを塗るのがよいと言われています。

 

予防クリームを塗るときにはちゃんとマッサージをすることも重要です。
脂肪をマッサージで揉みほぐしておくことで妊娠線にならないようにしてあげることも大切だと思います。

 

 

 

マッサージの際はクリームを多めに手に取り、全体に伸ばしたあと、縦横に塗り込んでいくのがコツです。

 

また掴めるところはしっかり掴んでもむ事も忘れずにしましょう。妊娠期間中は体重が増えやすくなります。
先日、夫婦水入らずで旅行に行き、めいいっぱい楽しみ、美味しいものも思いっきり食べました。

 

 

 

家へ帰ってくると、旅行前よりも3キロも太っています。
わずか2日でここまで太るとは思っていませんでした。

 

 

 

妊娠していないときは、食べ過ぎても次の日に食事制限を行ったら簡単に戻りましたが、妊娠中はそうではありませんでした。
食べなくても痩せることはないのです。

 

必要な栄養を取りながら体重を管理するのは苦労しますが、可愛い赤ちゃんの為にはここが頑張りどころです。

 

 

 

お腹の赤ちゃんと過ごす間、ママはこれまで以上に疲れやすくなっています。
普段から行っている家事でさえ過酷な労働のようにはぁはぁと息苦しくなってしまうことがあります。

 

 

休憩を頻繁に取り入れて、無理のない範囲で行うことが大切です。また、妊娠中のママが日常生活で気をつけなければならないのは脳貧血、いわゆる立ち眩みが起きやすいということです。

 

 

 

椅子から立ち上がる際など、妊娠する前には意識もしていなかったいつもの動作でも、めまいや吐き気を覚えることがあります。これは妊娠したことで血流がベビーのいるお腹に集中する為に引き起こされるもので、よくある現象です。
一つ一つの動作をゆっくり行うことを意識して、もし脳貧血を起こしたなら無理に動こうとせず、その場で横になり休むようにしましょう。妊娠中に守るべきことは色々あります。一年を通してお腹を冷やさないこと、高いところの物や重い物を持ったりしないこと。
程ほどの運動は良いが思いっきり走ったりしないこと、朝寝坊、夜更かしを控えて生活リズムを整えること。

 

いづれも妊娠中は皆が言われることだが、一番言ってもらってよかったと思うことはこれである。
産まれてくる子に、優しい言葉を話してあげること。優しい言葉をかければ優しい子に育っていく、産んでからもこの言葉は忘れられない日々である妊娠時期は元気だと思いがちですが、倦怠感や疲労感を感じる人は多くいるようです。
私の場合は、たいしたトラブルは起きなかったのでつわりも落ち着いて安定してきた妊娠中期からは旅行へ出かけることも多々ありましたが、妊娠前のようにはいかないことがたくさんありました。妊娠前と同じように歩き続けているとお腹が張ってしまうため、適度な休憩を入れながら普段よりじっくりと時間をかけて過ごしました。

 

また、お医者様に旅行について問題はないか質問してみたところできれば日帰り旅行を避けて、ゆっくりと休める宿泊旅行を楽しんでほしい、とのことでした。

関連ページ

妊娠中のセックスについて
妊娠中のセックスについて
つわりが酷くて退職
つわりが酷くて退職
赤ちゃんの性別を早く知っておきたい
赤ちゃんの性別を早く知っておきたい
妊娠中は、とても疲れやすくなっています
妊娠中は、とても疲れやすくなっています