赤ちゃんの性別を早く知っておきたい

妊娠している間は、妊娠する前の身体が変化しているということをきちんと認識していなければなりません。特に妊娠して最初の頃はお腹も小さく見た目に変化がないので妊娠前と変わらずに動きがちです。ですが、この時期は胎児の身体の基礎となる大切な部分が出来上がる重要な時期ですから、調子がいいからと言って身体に負担をかけないようにしたいですね。

 

リラックスして過ごし、些細なことでも変調を感じた時には体を休めましょう。
切迫早産での入院生活は、なにより安静にしていることが重要です。いつも点滴は付けたまま、食事と入浴、手洗いの他はずっとベッドで生活します。
この点滴は副作用があるウテメリンという薬で手の震えや動悸、そして息が上がりやすくなりました。少しずつマシにはなっていくのですが…。入院中は全くと言っていいほどすることがなく、大人向けの塗り絵、あみもの、パズル等で時間を過ごしていました。妊娠はとても素晴らしいことだと思います。赤ちゃんに恵まれたということは非常に嬉しいことだと思います。

 

 

妊婦健診ではエコー検査をしますよね。
赤ちゃんが順調に育っているかを診るものですが、赤ちゃんが男女どちらかを知ることもできます。

 

赤ちゃんの性別を早く知っておきたいという人多いのではないでしょうか。もし希望通りの性別でなくても残念に思うことはありません。産まれてくる子は間違いなく世界一可愛い子です。私は40歳近くの高齢出産でしたので、病院の先生方や先輩のママさんからも色々教えていただきました。

 

少々太り気味の体形だったので、とにかく体重を増やしすぎないよう言われました。

 

にもかかわらず、何かを口にしていないと気持ち悪くなる、食べづわりだったので、いつも何かを口に入れていました。

 

体重はあっという間に20キロ近く増え、足はむくみっぱなしになり、妊娠中毒で入院一歩手前までの劣等生妊婦でした。

 

 

 

でも、産気づいてからは1時間足らずで産まれたので、結果としては妊婦として合格点だったと思っています。

 

 

妊娠中気を付けること、それは食事です。

 

ビタミンAを過剰摂取すると胎児が奇形になりやすいと言われており、ビタミンAが豊富なレバー等を私は控えました。
特に妊娠初期で卵細胞が活発に分裂している時期は注意されることをおすすめします。

 

ウナギはビタミンA含有率がすごく多く、妊娠中にとっても良いビタミンAの限界量にほんの一口でたっしてしまう程でした。
妊娠線を作らないようにするポイントは体重が増えすぎないようにする他に妊娠線予防クリームが大事だとよくいわれていますよね。そして妊娠線予防クリームを塗る際、マッサージをすることも忘れずに。脂肪をしっかり柔らかくしておくことで妊娠線が出づらくすることも重要です。その際は十分な量のクリームを手にだし、まんべんなく馴染ませた後、縦横に何度もマッサージしていくのがポイントです。

 

そして可能なところは掴みながら揉むこともしておきましょう。

 

切迫早産になり私が特に注意していた事は、何より体を冷やさない、という事でした。
どんなに暑い夏でも必ず靴下を履き、足首に触れて冷たいようであればレッグウォーマーも履きました。
当然、裸足でサンダルなど考えられません。冬は腰に貼るカイロ、足の先にもカイロを入れていました。夏に冷たいジュースが欲しくなっても冷えていないものや暖かい飲み物しか飲みませんでした。私が切迫早産の診断を受けてから注意したことは体温を下げないことです。

 

夏の暑い日でも靴下を履いて、足首を触ってみて冷たいと感じるときはレッグウォーマーも着用しました。素足にサンダルなんて以ての外です。

 

冬場にはカイロを腰に、そしてつま先にもカイロ装着でした。夏によく冷えた飲み物が飲みたくなっても常温の飲み物や、暖かいものを飲むことを心がけていました。
妊娠期間中はホルモンバランスが変化するため、精神が不安定になりがちで、意識してリラックスできる時間を作ることが大切です。

 

 

 

けれど、運動から食事まで、この頃のお母さんにとって気を付けなければならない点が多く、結構大変ですよね。例えば、家での映画鑑賞や普段手が伸びにくい重めの本に手を伸ばしてみてはどうでしょう。母親が教養をつけておくことは将来赤ちゃんにいろんなことを教えるために有効です。

 

あまり力まず、挑戦してみてはいかがでしょう。
臨月に入ると、積極的に体を動かし、体力をつけて出産に臨みましょうと言われます。

 

ウォーキングをする事によって血液の流れを良くし、むくみや妊娠中毒の予防につながります。出産の際にかなりのエネルギーを使うので体力を事前につけておく事が必要となります。

 

 

 

一方、過度な運動をすると、破水する場合や、お腹の張りが強まってしまうこともありますので、無理をせず、頑張りすぎないようにしましょう。

 

 

関連ページ

妊娠中のセックスについて
妊娠中のセックスについて
妊娠のしくみ
妊娠のしくみ
つわりが酷くて退職
つわりが酷くて退職
妊娠中は、とても疲れやすくなっています
妊娠中は、とても疲れやすくなっています