妊娠中は、とても疲れやすくなっています

妊娠中は、とても疲れやすくなっています。
いつも行っていた家事でさえ重労働で、息を切らしてしまうこともあります。

 

 

あまり頑張ろうとせずに、休憩は適宜取り入れていきましょう。
さらに気に留めておいて欲しいのは、妊娠中は脳貧血を非常に起こしやすい状態だということです。
立ったり頭を上げたり、妊娠前には平気だった簡単な動きでさえ急にふらっとしてしまうことがあります。これは血流がお腹に集中するために起こるもので、よくある事です。意図的に動作をのんびりゆっくりと行い、もしも脳貧血を起こしてしまったらその場で横になるか、無理な場合は座り、落ち着くのを待ちましょう。

 

妊娠中に守るべきことは色々あります。

 

 

 

一年中、お腹をひやさないこと、重い荷物を担いだり、棚の上などに手を伸ばさないこと運動は適度な範囲にとどめ、全力疾走などはしないこと、朝寝坊、夜更かしを控えて生活リズムを整えること。

 

 

どれも妊娠中は誰もが注意されることだが、やはり一番ためになったのはこれだと思う。お腹の中の胎児に、普段から優しい言葉をかけてあげること。優しく接すれば、優しい人間になり、冷たく接すれば冷たい人間になる産んでからもこの言葉は忘れられない日々である妊娠を希望するなら、まず基礎体温をしっかり計測して、自分自身の月経周期を知る事が大切です。
タイミングは排卵日あたりに合わせて夫婦生活をすることで、通常よりも赤ちゃんを授かりやすくなります。しばらく実践しても妊娠しない時には、ご主人とよく相談した上で、お互い妊娠できる体であるのか、不妊となるものはないか。

 

 

それをしっかりと医療機関でチェックして貰うことが解決策の一つですね。めでたく奥様が第一子を妊娠すると、何をしてあげられるか悩んでしまう旦那さんも多いと思います。

 

 

 

最初に出来ることは奥さんと過ごす時間を大切にすることです。

 

妊娠中は不安な奥さんも安心できるようになります。
妊婦健診も二人で一緒に行ってみましょう。
だんだんと父親になるという実感が湧いてくるはずです。気をつけたいのは、産院は基本的に女性優先だということ、女性が座れるようパパは隅で待ちましょうね。

 

 

 

妊娠中はパパにも慣れないことが多く大変かもしれませんが、ここは妊娠中の方を最優先にして下さい。
妊娠線が付かないようにするには太り過ぎを避ける他に、妊娠線を防ぐクリームを塗るのがよいと言われています。さらにクリームを塗るときには、マッサージもすると効果的です。脂肪をマッサージで揉みほぐしておくことで妊娠線が出づらくすることも重要です。マッサージにはたっぷりの予防クリームを手の上で馴染ませ、マッサージの向きを変えつつ塗り込むのがポイントです。
なお、掴める部位は掴んだうえで揉んでおくことも忘れないように。

 

 

妊娠期間中は体重が増えやすくなります。

 

先日、夫婦最後の旅行に行き、思いっきりハメを外し、ご馳走もたくさん食べてきました。

 

 

旅行から帰ると、3kgも出発前から増えています。たった2日でここまで太ることなんてなかったので、驚きでした。妊娠していないときは、多少食べ過ぎても翌日セーブしたらちゃんと体重が戻ったのですが、妊娠期間中は違いました。
食べなくても痩せないのです。
栄養を取りつつ体重管理をするのは大変ですが、赤ちゃんのために頑張っていこうと思います。

 

 

妊娠している間は食事に気を付けましょう。ビタミンAを過剰に摂ると赤ちゃんが先天性奇形になりやすいという事で、レバーやウナギを私は控えました。特に妊娠初期の細胞分裂が激しい時期は意識しておく方がいいようです。

 

 

ウナギはビタミンAを豊富に含み、妊娠中に摂ることができるビタミンA量の上限にわずか一口で達してしまいました。妊娠している間の体重管理はけっこう大変です。食欲が芳しくない悪祖になる人もいる一方で、食欲がかなり増してくるタイプの悪祖もあります。

 

 

びっくりするスピードで体重が増えていってしまった時、自分の家でも手間取らず出来ることがあります。

 

 

まず、お風呂でゆっくり温まりながら足の指から関節と見たら次々に右に10回、左に10回とまわすのです。
こうするとリンパの流れが滞っていた状態から開放され、体重の増加が抑えられます。

 

なにがなんでも甘いものが食べたくなってきた時には寒天ゼリーやおから入りのツイーツを自分でこしらえて食べることがお勧めです。
愛する旦那様との赤ちゃんって本当に嬉しいですよね。妊娠を知った時、すぐに旦那に言いました。ただこの後直面する悪阻はとても辛いものでした…。

 

 

 

私の場合、朝起きると気持ち悪くてトイレで胃液を吐き、少し朝ご飯を食べるとまた気持ち悪くなりました。
昼間は気持ち悪さでずっとベッドの上。夕方は旦那の夕食を、吐き気と闘いながら調理し、もはや気力だけで作っていました。

 

 

もっともピークの時は全くでしたが…。

 

けどいつかは必ず終わるものなので、赤ちゃんのためにもつわり中の妊婦のみなさん頑張りましょう。結婚から2年後、そろそろ子供が欲しいと思っていた頃、妊娠していることがわかりました。
いわゆる女の感でしょうか。

 

生理が7〜14日ずれることもあったのですが、この日はまだ遅れて5日目でした。ですが、いつもと違う何かを感じ、妊娠検査薬を外出先で使ったところ陽性反応が!急いで写真を撮って主人に見せると、驚きながらも喜んでくれました!こんなに嬉しいことはないです!現在、ようやく8ヶ月まできました。
赤ちゃんとの対面が楽しみで仕方ありません。

関連ページ

妊娠中のセックスについて
妊娠中のセックスについて
妊娠のしくみ
妊娠のしくみ
つわりが酷くて退職
つわりが酷くて退職
赤ちゃんの性別を早く知っておきたい
赤ちゃんの性別を早く知っておきたい